水源地紹介

二風谷湖にぶたにこ(二風谷ダム)』〜北海道平取町 びらとりちょう

平取町 まちづくり課
課長 遠藤桂一

■平取町の紹介
平取町は北海道日高振興局管内の西端に位置し、総面積は743.16km2で淡路島より広い行政区域を有しています。
 町名平取はアイヌ語「ピラウトル」(ガケの間にある所)から出たもので、古くはアイヌの古都として栄えていたといわれており、今でも多くのカムイユカラ(神謡)などが語り継がれている地域でもあります。
日高自動車道が開通したことから、札幌へは1時間30分、新千歳空港までは1時間でアクセスが可能になりました。
日高山脈を源とする母なる川「沙流川(さるがわ)」が南北を貫流し、その流域に豊かな森林と肥沃な農地が広がっています。
北海道のなかでも冬は積雪が少なく比較的温暖で、初夏に白く可憐な花を咲かせるすずらんが町のシンボルになっています。
 基幹産業である農業では、特にトマト栽培が全国でも有数な収穫量を誇り、年間生産量1万トン、34億円を超える販売額となり、「びらとりトマト」のブランドを確立するに至っています。
自然との共生をその精神とするアイヌ文化が息づき、15ヘクタールの野性すずらん群生地が香る豊かな自然があり、真っ赤なトマトが実る町、それが平取町です。是非一度おいでください。

>>平取町ホームページ

二風谷ダム(航空写真) 二風谷ダム




■二風谷ダムの紹介

 沙流川総合開発事業は沙流川に「二風谷ダム」、支川の額平川に「平取ダム」と2つの多目的ダムを建設し、「洪水調節」「流水の正常な機能の維持」「水道用水の供給」「発電」を目的とする事業で、そのうち二風谷ダムが平成10年に完成しております。
二風谷ダムは、洪水から住民の生命と財産を守る役割を担うとともに、水稲をはじめ、トマト、メロン、きゅうりなどの農業生産を支えています。


>>国土交通省 北海道開発局 室蘭開発建設部 沙流川総合開発事業ホームページ













すずらん観賞会

沙流川まつり


■イベント情報
・すずらん観賞会
平取町芽生めむにある野性すずらん群生地は、約15haと日本一の広さを誇っています。
毎年5月下旬から6月中旬の約1カ月間一般に開放され、「すずらん観賞会」なども行われています。
期間中の週末は、びらとり和牛のバーベキューコーナーも用意されています。

・沙流川まつり
沙流川の清らかな水が育んだ、「びらとり和牛」・「トマト」など平取町の味覚が満喫できる町内最大のイベントです。
よさこいソーラン踊りや歌謡ショーなども行なわれます。



■平取町の特産品
「びらとり和牛」「びらとりトマト」「アイヌ木彫り民芸品」
「びらとり黒豚」「平取産米かあちゃんもう一杯」




びらとりトマト

びらとり和牛放牧風景

びらとり和牛













■交通
日高自動車道 日高富川IC(日高町)から約15km
日高富川IC〜国道237号線
所要時間15分













財団法人 ダム水源地環境整備センター
ダム広報センター TEL:03-3263-9051 FAX:03-3263-9085

Copyright 2008 Water Resources Environment Technology Center, Japan. All rights reserved.