水源地域ビジョンの活動紹介

(財)ダム水源地環境整備センター
ダム広報センター

■「水源地域ビジョンとは」

 水源地域ビジョンとは、ダム及びダム周辺の豊かな自然及び水源地域の伝統的な文化活動を利用した水源地域の自立的、持続的な活性化の方策とともに、ダム事業者・管理者及び関係行政機関が行う支援方策等を定めるものであり、人づくりや既存施設の有効活用の推進等のソフト対策に重点が置かれています。
 水源地域ビジョンは、国土交通省直轄ダム、水資源機構ダムで平成13年4月から作成が開始され、現在112ダムで作成されています。
 水源地域ビジョンは、ダム管理者、河川管理者、水源地域自治体、青年会議所、観光協会、水道・発電事業者、河川利用者等と連携のもと作成されます。水源地域ビジョンが作成されますと、推進連絡協議会や推進委員会のもと地域の連携により、ビジョンに合った活動を推進します。

>>水源地域ビジョン(国土交通省)

■「水源地域ビジョンの活動」

 水源地ネットでは、水源地域ビジョンが作成され、それに基づき活発な活動をしている事例を紹介しています。
 これらを参考として全国ダムの水源地域ビジョンによる水源地域活性化がより推進されることを期待しています。
 水源地ネットに他のダムの参考となるような水源地域活動状況の情報をお寄せください。


■事例紹介


土師ダム水源地域ビジョンの推進活動状況(土師はじダム)


 
 

▲土師ダム



  土師ダムは1974年(昭和49年)3月に江の川水系江の川に建設され、中国地方整備局 土師ダム管理所で管理されています。

  土師ダム水源地域ビジョンは、土師ダムビジョン策定委員会が平成16年11月に 設立され、平成18 年2月ビジョン策定までの間、委員会、ワークショップなど頻繁に 会合を重ね、「基本理念」と「基本方針」を定めています。
  また、基本方針の中から5つの「リーディングプロジェクト(重点施策)」を策定し、具体的な取り組みを策定し、早期着手が可能な施策や取り組みから取り組んでいるのが特徴のようです。




1.土師ダム水源地域ビジョン策定


 平成18年2月


2.土師ダム水源地域ビジョン策定委員会


(1)設立


 平成16年11月


(2)策定委員会の構成



▲策定委員会が設立(第1回委員会)


学識経験者、元八千代町長、湖畔まつり実行委員会事務局長、安芸高田市 土師・勝田地域振興会会長、中国・地域づくり交流会会長、ひろしま人と樹の会会長、NPOひろしまね理事長 水源地域アドバイザー、広島市企画総務局企画調整課長、三次市長、安芸高田市長、北広島町長、広島県土木建築部河川砂防総室ダム室長、中国地方整備局(河川情報管理官、三次河川国道事務所長、土師ダム管理所長)




(3)基本理念、基本方針

●基本理念

 江の川の水源から“はじまる”水と人の循環


●基本方針
 1.豊かな自然環境と清らかな水環境の保全・活用

 2.既存資源の利活用と新たな魅力の創出

 3.広域的な交流・連携
 4.人材の発掘・育成・支援
 5.広報・啓発の推進

(4)策定委員会等の活動経緯

 
●平成16年度  準備会、第1回委員会、
第1〜2回検討ワークショップ

委員会

ワークショップ
●平成17年度 第3〜5回検討ワークショップ、第2〜3回委員会
   
     
     
     
     
   

(5)リーディングプロジェクト


1. 水源の森プロジェクト 源流域の森を巡るツアーの開催、ブナの森魅力を伝える情報発信、
ブナの森を守る対策会議の開催、水源の森モデル林の育成
2. 桜守(さくらもり)プロジェクト 流域住民による桜の維持管理、イベントを活用した水源地域ブランドの確立、
桜に関する様々な情報発信(桜ミュージアム)、活動資金の確保
3. 資源発掘・パッケージ化プロジェクト 水域地域のイメージを形成する定番プログラムを発掘とワークショップの開催、
地域の名物料理の開拓とPR、江の川リバーツーリズムの開拓、
桜・花火・紅葉・里山保全祭の時期に併せた露天市の実施
4. ビジョン推進・支援組織の仕組みづくり 活動部会(プロジェクトグループ)、幹事会、推進協議会、事務局、
水源地域間の交流・連携、交流の拠点づくり
5. 情報発信プロジェクト 広報・情報媒体、広報・情報内容、管理・運営広報・情報内容
     
     
   





3.近年の主な活動概要

   近年の主な活動として、桜守プロジェクトを紹介します。

●桜守プロジェクト

(1)平成19年

  2月 専門家の指導を受け、枝の切り落とし、薬の塗布、肥料の投入等。(活動人数:62人)
  3月 NPOひろしま「人と樹の会」から桜の木を使ったなめたけ栽培の講義、植菌等。
枝の切り落とし、薬の塗布、肥料の投入等。(活動人数:60人)
  12月 専門家の指導を受け、剪定、薬の塗布。
切った桜の木になめたけ菌の植菌等。(活動人数:80人)
       

 

専門家の指導を受けました。
(2月)
  病気の枝を切り落としました。
切り口には菌が入ってこないように薬を塗りました。(2月)
  なめたけ栽培の講義を受け、切った桜の中で、病気でなく、なめたけ栽培に使える枝を選び実際に植菌を行いました。(3月)   昼食は、地元の方々手作りの
豚汁やおにぎりが振る舞われました。(12月)


(2)平成20年

  3月 専門家による説明、剪定した枝を分け、病気の枝は焼却。施肥等。(活動人数:90人)
  7月 草刈り、クワで耕し施肥。枝を集積。専門家による説明、勉強会等。(活動人数:65人)
  12月 切除した枝の切り口に薬の塗布。間伐した木の切断、運搬等。(活動人数:80人)
       

 

高所作業車による病枝打ちの様子(3月)   剪定した枝は病気の枝と健全な枝に分けました。病気の枝は、菌が広がらないよう焼却処分します。(3月)   草が生えているところは、草刈り機で刈りながら施肥を行いました。(7月)   間伐した木を持ち運べる大きさにチェンソ−で切ります。(12月)

(3)平成21年

  11月 倒木された桜の木を小割り、積み込み、運搬。肥料の投入等。(活動人数:80人)
       

 

桜守当日は、大勢の方が集まり、約80名ものボランティアの方で桜守を行いました。   桜の木を事前に切り倒し、当日に桜の木をボランティアの方々に片付けていただきました。   チェンソーで小割にされた桜の木を巡回しているトラックに積み込み集積場所へ運搬しました。   小さいお子さんも参加して頂きました。来年の4月に桜がきれいに咲くように肥料をまいてもらいました。

(4)平成22年

  2月 間伐した桜の木を小割り、運搬。なめたけ菌の植菌等。(活動人数:110人)
  12月 枝の切り落とし、倒木された桜の木の小割り、肥料の投入等。(活動人数:85人)
       

 

小学生も頑張っています。
(2月)
  こちらは、間伐した木を利用してナメタケ菌の植菌作業。作業後、ナメタケ菌を打った木を自由に持って帰っていただきました。 (2月)   草刈班:タイワンフウを重点的に刈っていきました。(12月)   処理班:切り取った枝を運びやすいように束ねました。(12月)

(5)平成23年

  3月 間伐、伐採木と花芽を集積等。(活動人数:122人)
  11月 高所作業車を設置してテングス病枝を切除。切った桜の木になめたけ菌を植菌等。 (活動人数:109人)
       

 

脚立の上での作業は協力して行いました。木屑を頭から被ってでも頑張ってくれました。この勇姿に拍手!!(3月)   こちらは今回の最年少参加者。
(3月)
  昼食にはヤマメの塩焼きが振る舞われました。(3月)   高所作業車では取り除けなかったテングス病枝については、班長指導のもと、ボランティアの方に切除していただきました。(11月)

4.土師ダムビジョン活動のポイント(桜守プロジェクト)


 地域住民の皆さんとボランティアの方々が、桜と湖の風景は地域の財産であるとの共通認識を持つことができ、桜守プロジェクト活動の目的と目標を会則として記し、住民とボランティアの結束を強め、住民との交流・協働の中で、桜の維持・保育を行っていくと共に、桜に関する様々な情報を発信しています。また、メンバーによる金策面の努力も活動を支えています。



 今回のダム水源地域ビジョンは土師ダム管理所にご協力頂きました。





■バックナンバー


   
 天ヶ瀬ダム水源地域ビジョン 2012年6月号掲載
 湯田ダム水源地域ビジョン 2012年8月号掲載
 土師ダム水源地域ビジョン 2012年9月号掲載
 金山ダム水源地域ビジョン 2012年10月号掲載
 長島ダム水源地域ビジョン 2012年12月号掲載