水源地紹介

野反湖 (野反ダム) 群馬県六合村

2009.01掲載


▲のむらダムまつり

▲今年で157年の歴史を誇る
 「乙亥(おとい)大相撲」


●イベント
野反湖大物釣り大会

●おみやげ
こんこんぞうり、しみどうふ、しゃもじ・こね鉢、まいたけ、花いんげん

●交通
(車利用)渋川・伊香保I.Cから約1時間30分、関越練馬I.Cから2時間30分。
(車利用)碓氷軽井沢I.Cから約1時間、関越練馬I.Cから2時間30分。
(電車利用)上野駅から直通「新特急草津号」で2時間30分。JR長野原草津口駅下車。下車後JRバス「花敷温泉行」



-私のすむ六合地球色-六合村

群馬県六合村 総務住民課 中村 富雄


 六合村は、「ろくごう」と書いて「くに」と読みますが、古事記・日本書紀の記述に(くにのうちをかねて、以て都を開く)と読んでおり、これは東西南北及び天地を意味し、支配の範囲、即ち(国)のことを言っていると言われております。

  明治33年に当時の草津村から現在の六合村と草津町に分村した時に、六合村には6つの大字(小雨、生須、太子、日影、赤岩、入山)があったことから、東西南北天地の6つと掛け合わせて六合を「くに」と名付けたと言われております。

 六合村の面積は202.81km2を有し、美しい自然景観や湖と温泉に恵まれた環境の中に約1,800人の人々が暮らしています。

 北欧の湖を思わせる「野反湖」、四季の色彩を鮮やかにちりばめた幻の湿原「芳ヶ平」。昔の面影を今もなお残す「赤岩地区」の古い民家。そして、大地からの恵み「応徳」「湯の平」「花敷」「尻焼」「六合赤岩」の個性あふれる5つの温泉。森からの恵み、しゃくし・木鉢・めんぱなどの「木工細工」や美しい色彩のこんこんぞうりといった数々の伝統工芸品。 そして「山菜」。 素晴らしい自然に恵まれた六合村は、豊かな時間と安らぎを訪れる人にもてなしてくれます。 本来の日本そのものの景色が六合村にはあります。美しいふるさとです。


▲赤岩湯本家 ▲水車小屋 ▲しみどうふ
▲こんこんぞうり ▲花いんげん ▲しゃもじ・こね鉢


問い合わせ先  六合村 総務 住民課  TEL 0279-95-3111(代表)  FAX 0279-95-3832(代表)
六合村HP  http://www.vill.kuni.gunma.jp/